3Dに挑戦しよう!③ テクスチャを設定しよう!

2020/02/13
image

今回は「Metasequoia(メタセコイヤ)」を使って作った立方体の面に画像を張り付けていきます。この画像のことを「テクスチャ」張り付けることを「マッピング」といいます。

今回は面を選択し「テクスチャ」を「マッピング」するまでをレポートいたします。どの面にどんな画像をどのように貼るかを指定するのが「マッピング」です。サイコロは6面あるので、6枚貼ります。

① テクスチャ画像を準備しよう

img

前回のレポートで作成した「赤い立方体」の続きから始めていきたいと思います。

テクスチャ画像はこちらからダウンロードしてください。ZIPデータを解凍すると6つのpngファイルが現れます。

② テクスチャを読み込もう

img

① 材質パネルにあるmat1をダブルクリックし基本色[HSV]を[RGB]をに変更します。

② RGBすべて「255」にします。

img

③ 材質設定ウィンドウより[マッピング]の[模様]の[参照]をクリックし準備データにある「サイコロ1.png」を読み込みます。

img

④ 貼り付けた画像を確認するため、「表示」をクリックします。

⑤ 画像に間違いがなければ「閉じる」をクリックし、右上にある「×」をクリックして閉じます。

img

⑥ 「OK」をクリックします。すると、全ての面にテクスチャが貼り付けられました。

③ それぞれの面に貼り付けよう

このままですと全ての面が「1」のサイコロになってしまいますので、それぞれの面に別のテクスチャを貼り付けていきましょう!

img

① 材質パネルの「新規」をクリックします。[mat2]が作られます。

② 「設定」をクリックします。

③ 材質設定ウィンドウより「マッピング」の「模様」の「参照」をクリックし、準備データにある「2.png」を読み込みます。

④ 「OK」をクリックします。

img

⑤ 画面左の「コマンド」より、「選択」をクリックします。

img

⑥ 上部の面をクリックし、選択状態にします。

⑦ 「選択部分処理」メニューより、「面に現在の材質を指定」を選択します。

img

⑧ 指定した面にテクスチャが貼り付けられました。これらを3~6それぞれに同様に設定していきましょう!

あとがき

いかがでしたでしょうか?画像さえあれば、カンタンな立方体をデザインすることがすぐに出来てしまいました。
次回はさらに作成したサイコロを画像変換してみたいと思います。

今回使用したMetasequoia(メタセコイヤ)はバレッドストアで購入することができます。