ペーパークラフトを作ろう② テクスチャ・マッピング

2020/03/01
image

今回は「Metasequoia(メタセコイヤ)」を使って作った立方体の面に画像を張り付けていきます。
面を選択し「テクスチャ」を「マッピング」するまでをレポートいたします。

3DCGに挑戦しよう!②モデリング」にて作成した「赤い立方体」の続きから行ってください。

テクスチャ画像はこちらからダウンロードしてください。ZIPデータを解凍すると6つのpngファイルが現れます。

① テクスチャを設定しよう!

img

① 材質パネルにあるmat1をダブルクリックし基本色[HSV]を[RGB]をに変更します。

② RGBすべて「255」にします。

img

③ 材質設定ウィンドウより[マッピング]の[模様]の[参照]をクリックし準備データにある「サイコロ1.png」を読み込みます。

img

貼り付けた画像を確認してみましょう。

④ [表示]をクリックします。

⑤ [閉じる]をクリックします。

⑥ 右上にある[x]をクリックして閉じます。

img

⑦ [OK]をクリックします。

全ての面にテクスチャが貼り付けられました。

面1つ1つに別のテクスチャを貼り付けていきましょう!

⑧ 材質パネルの[新規]をクリックします。[mat2]が作られます。

⑨ [設定]をクリックします。

img

⑩ 材質設定ウィンドウより[マッピング]の[模様]の[参照]をクリックし準備データにある「サイコロ2.png」を読み込みます。

⑪ [OK]をクリックします。

img

⑫ 画面左の[コマンド]より[選択]をクリックします。

img

⑬ 上部の面をクリックし選択状態にします。

⑭ [選択部分処理]メニューより[面に現在の材質を指定]を選択します。

img

指定した面にテクスチャが貼り付けられました。同様に3~6を設定しましょう!

あとがき

いかがでしたでしょうか?今回はペパクラデザイナーを使ってテクスチャ・マッピングまでを行いました。
次回は展開図の編集をしてみましょう!!