3Dプリンターで出力しよう② 出力してみよう

2020/04/16
image

自分の考えたものを形にすることができるとしたら皆さんは何を作りたいですか?
オリジナルのロボット?ドローン?アクセサリー?キャラクター?
今回は前回に続き、3Dプリンターで造形を出力するまでをやってみたいと思います。

img

今回はいよいよ「Metasequoia(メタセコイヤ)」を使ったモデルを3Dプリンターで出力しましょう!

① プリンターの準備をしよう

img

① XYZmakerSuiteを起動します。

img

② [XYZprint]を[開く]をクリックし作成したファイルを開きます。

img

③ 持っているプリンターを選択します。

img

④ 前回作成した立方体データを読み込みます。

② 大きさ・位置を調整しよう

img

大きさが大きいので調整しましょう!

① オブジェクトをクリックして選択します。

ブロック[大小]をクリックします。

③ X軸に「15」と入力し15%と小さくします。

img

すると、モデルは小さくなりましたが、宙に浮いた状態になるため接地面にモデルを移動しましょう。

img

ブロックをクリックし、ブロックをクリックします。

img

② 接地させたい面を選択します。この場合、底辺をクリックします。

img

接地面に置くことができました。

③ [適用および終了]をクリックします。

③ 3Dプリンターで出力しよう

img

① フィラメントを3Dプリンターにセットしていきます。

img

② [フィラメント][フィラメントをロードする]をクリックします。

img

③ フィラメントが出て止まります。

img

出力の準備が整いました。

④ [準備]をクリックします。

⑤ [印刷]をクリックします。

img

造形が始まりました!

あとがき

いかがでしたでしょうか?簡単なモデルでしたがきちんと造形するためには、3Dプリンターの細かい設定や日々のメンテナンス方法などを理解しておく必要があります。
そのために「3Dプリンター入門」講座の受講をおすすめします!

もっと3Dプリンターについてスキルアップしたい方はこちらの講座がおススメです!