トイドローンTello / Tello EduをPythonプログラミングで飛ばそう!

2020/07/28
image

今回の研究レポートは、Ryze Tech社より発売されている「Tello / Tello Edu」をプログラミング言語「Python」(パイソン)で動かしてみます。

① Tello(Tello Edu)とは?

tello

Tello(Tello Edu)は、DJIとIntelの技術協力のもと開発され、重量80gという航空法による規制は受けないドローンで一般に「トイドローン」と呼ばれるジャンルのものになります。軽量ながらビジョンセンサー・気圧センサーが搭載され低価格を実現したドローンです。

ドローンの機体シェアの多く持つDJI社の技術協力ということもあり安定飛行のノウハウが盛り込まれています。

② 環境を整えよう

img

まずはPythonのサンプルコードをダウンロードしましょう!

Pythonのインストール・基本的な使い方はこちらを参考にしてください。

RYZEの公式サイトのダウンロードページへアクセスします。https://www.ryzerobotics.com/jp/tello-edu/downloads

img

Tello SDK2.0 UserGuideをクリックします。
PDFをダウンロードします。

Introductionにサンプルコード「Tello3.py」がダウンロードできるリンクが貼られているので、サンプルコードをダウンロードし、保存します。

ダウンロードURLはこちら

③ Pythonでサンプルコードを読み込もう

img

IDLE(Pytone)を起動します。

img

FileメニューのOpenから先ほどダウンロードした「Tello3.py」を開いていきます。

④ Tello EduとPCを繋げよう

img

Wi-FiでPCとTello Eduを繋げます。Tello Eduの横にあるスイッチを押します。

img

PC画面下にある地球儀のマークをクリックします。

img

リストにTello が表示されるので、こちらを選択し[接続]をクリックします。

⑤ PythonでTello/Tello Eduを動かそう

RunメニューよりRun Moduleを選択します。

img

開いたウィンドウの方に「command」と入力しEnterキーを押します。
これで命令できる状態になりました。

img

続けて「takeoff」と入力しEnterキーを押します。離陸します。
続けて「forward 100cm」と入力しEnterキーを押します。
100cm前へ移動します。
続けて「land」と入力しEnterキーを押します。着陸します。

他にも以下のようなコマンドがありますので試してみましょう。

commandSDKモードへ
takeoff自動離陸
land自動着陸
up 〇〇cm〇〇cm 上昇
down 〇〇cm〇〇cm 下降
left 〇〇cm左へ〇〇cm 移動
right 〇〇cm右へ〇〇cm 移動
forward 〇〇cm前へ〇〇cm 移動
back 〇〇cm後ろへ〇〇cm 移動
cw 〇〇°〇〇° 時計周り(右)に回る
ccw 〇〇°〇〇° 反時計周り(左)に回る

他の命令は先ほどダウンロードしたTello SDKのPDFに書いてありますので色々挑戦してみてください!

あとがき

いかがでしたでしょうか?

色々なソフトウェアを準備したり、英文の解読が必要だったりと、若干敷居が高いですが、実際にドローンをプログラミングで飛ばすことができるとまた違った楽しみがあるかと思います!

プロペララボでは、ロボット・ドローンを使った課題を他にもたくさん用意しています。

ぜひそちらにも挑戦してみてくださいね!

基本的なScratchプログラミングにもっと慣れたい方はこちらがおススメです!